授業内容・計画(詳細)の情報

 

ページを読み終えましたら、ブラウザを終了させてください。

【基本情報】
2017年度 秋学期  
授業科目名 映像と文学
曜日 時限 火-3
テーマ 映像と文学―メディア文藝論―
キーワード メディア芸術 アニメ キャラクター・コンテンツ


【授業要旨または授業概要】
 
「文化芸術振興基本法」(平成13年12月7日法律第百四十八号)第三章「文化芸術の振興
に関する基本的施策」第九条(メディア芸術の振興)に、「国は、映画、漫画、アニメー
ション及びコンピュータその他の電子機器等を利用した芸術(以下「メディア芸術」とい
う。)の振興を図るため、メディア芸術の製作、上映等への支援その他の必要な施策を講
ずるものとする。 」とある。ここで「メディア芸術」に区分(カテゴライズ)されている
「アニメーション」とは絵画・人形等の静物に動きを与えること――魂を与えること
(animation)――に眼目を置く藝術(アート)だが、アニメはその中でも物語性を重視する
作品で、わたしたちの国で独自の表現世界を築いてきた文学的側面の強い分野である。そ
こでこれを「メディア文藝」と呼び国文学の流れの中においてどう論じるかを2015年度春
学期開講「知のフロンティア」での『魔法少女まどか☆マギカ』講義をあらためて考察し
直し、TV版と劇場版の相違について論じながらメディア文藝研究を行う。


【学修の到達目標】
◆授業で育成する力スキル
・学習力、思考力、探求力
・文章や表現を読み解き、情報を獲得する力
・日本文学と日本語について情報を収集し、調査・分析をし幅広い教養を身につける力

◆学修の到達目標
1.講義内容の重要な点を見抜くことができる。
2.映像表現を理解できる。
3.作品内容の骨格を把握する。
4.作品の周辺に注意をむけることができる。
5.自分の意見をはっきり言える。

【授業計画】
◆スケジュール
#1) 9/26 〈概説〉「メディア芸術」と「メディア文藝」
 予習・復習: 教科書 第三章「まど☆マギ教授の幻想」を読んでほしい。
#2) 10/3 〈総論〉「方法論」
 予習:参考書『現代アニメーション学入門』を読んでおくとよい。
 復習: 履修登録終了後送付する(予定の)プリントを読んでおこう。
#3) 10/10〈問題〉「裸とドレス」
 予習: TV版・劇場版三作のオープニングアニメを見ておこう。
 復習:教科書 第一章―1「少女の裸体」を読み直そう。
#4) 10/17〈各論1〉「女王の孤独」
 予習:TV版第一話〜第三話を観ておこう。
 復習: 教科書 第一章―2「女王の孤独」を読み直そう。
#5) 10/24〈各論2〉「暴走する情熱と恋」
 予習:TV版第四話〜第八話を観ておこう。
 復習: 教科書 第一章―3「熱血の暴走」・4「恋の自覚」を読み直そう。
#6) 11/7〈補論〉「研究術」    *#4〜9の間に日程変更の可能性があります。
 予習・復習:不要
#7) 11/14〈各論4〉「諦念の優しさ」
 予習:TV版第七話〜第九話を観ておこう。
 復習: 教科書 第一章―5「諦念の優しさ」を読み直そう。
#8) 11/21〈各論5〉「冷静な熱情」
 予習:TV版第十話・第十一話を観ておこう。
 復習: 教科書 第一章―6「冷静な熱情」を読み直そう。
#9) 11/28〈各論6〉「究極の傍観者」
 予習:TV版最終話を観ておこう。
 復習: 教科書 第一章―7「究極の傍観者」を読み直そう。
#10)12/5 〈解決〉「世界の改変」
 予習・復習: 教科書 第一章―総論を読み直そう。
#11) 12/12〈附論1〉「暁美ほむらの悪夢」
 予習:『劇場版[新版]魔法少女まどか☆マギカ〜叛逆の物語』を観ておこう。
 復習: 教科書 第二章―1・3を読み直そう。
#12) 12/19〈附論2〉「長門有希の恋」
 予習:劇場版『涼宮ハルヒの消失』を観ておこう。
 復習:教科書 第二章―2を読み直そう。
#13) 12/26〈附論3〉「美しい夢」
 予習:劇場版『うるせいやつら2〜ビューティフル・ドリーマー』を観ておこう。
 復習:作品の構造を図式化してみよう。
#14) 1/9 授業予備日
 予習・復習: 不要
#15) 1/16 〈試験〉「まど☆マギ」検定 
教科書・プリント・ノートは持込可とする(スマホの利用は不可)。
 予習・復習: 教科書・ノートをよく読み直そう。
◆予習・復習
 
◆集中授業の期間
 

【履修上の注意点】
 

【成績評価の基準および方法】
教科書と講義内容を出題範囲とする授業内試験(100点満点)により評価する〈到
達目標1〜4〉。
(60点未満=E/60点〜69点=C/70点〜79点=B/80点〜90点=A/91〜100点以上
=S)
各回講義後に提出させるコメントカードは各5点×12回として平常点とする〈到
達目標4・5〉。
(15点以下=E/30点=D/40点=C/50点=B/60点=A)
平常点(A〜E)に試験の点数(S〜E)と合わせて平均し総合評価とする。
(S‐A=S 〜 S‐B=A 〜 E‐E=E;C‐D=C,E‐D=E)


【教科書・参考書】
区分 書名 著者名 発行元 定価
教科書 魔法少女まどか☆マギカ講義録 志水義夫 新典社 1000+税
参考書 京アニを読む 野村幸一郎 新典社 1000+税
参考書 少年少女のクロニクル 志水義夫 新典社 800+税
参考書 新版アニメーション学入門 津堅信之 平凡社 860+税


【その他の教材】
必要に応じて関連映像作品を用いる。


PAGE TOP